メンタルヘルス研究

考察、抑うつ状態をこじらすとこうなる

更新日:

今一番困ってることはなんですか?
これが精神的なカウンセリングの最初の質問。
言葉にして説明するのがほんとに難しい。
なのでちゃんとここで説明できるかどうかが「精神的ヤバさ」を測る最初のテストなんじゃないだろうか?

 

大学くらいの頃、抑うつが酷くて(当時はその言葉すら知らなかった)こう同級生に相談した。
bug_aoba_arigata_hanekakushi
頭の中に虫がいてさ、その虫は大きさもマチマチで、脳みそに住んでるんだ。
いつもは赤アリみたく小さなアリで脳はカビが生えたようにぼんやりするんだけど
酷いときはカミキリ虫みたいな大きな口を持った虫が脳みそを喰いちぎるんだ。
その度にピリピリって体が痺れる。やがで虫は大きくなって脳を丸呑みする。
丸呑みしちゃうともうオシマイ、脳みそは胃袋の中でドロッドロになる。
ドロッドロになると駅から家まで歩くことすら億劫になってしまうんだよ。

 

 

ちょっとなにいってるかわっかんね。それにキッモ!ホッピーでものみにいくべ!と言われオシマイだった。
自分的には結構しっくりきてるんだけどね。キモイのは同意。
他のアプローチをしよう。
ひぐらし的に描写してみよう!!レッツ雛見沢症候群!!元ネタしらんひとはググってね

 

L0:まったくのバイアスがない状態
非常に健康的な状態。思わず面白い、楽しい、これ好きだ、そんなことが口にでる。
草や木が輝いて見える!皆サイコーだよ!俺もサイコー!有頂天ともいえるかもしれない。
ただ自分が大きく成長するとき必ずこの状態を経由する。
この状態を経験するために生きてる、ともいえるかも

face_smile_man4

L1:赤アリ~の状態
ぼんやりする。自分にカツをいれることで普通の集中力となる。
油断するとここではないとこに考えが飛ぶことがある。妄想回想など
これがはじまるとこりゃアカンと休憩する。
自力で無理ならばコーヒー、タバコなんかでカツをいれる。この状態がデフォだとうれしい。

 

L2:脳の四分の一が食われてる状態
ぼんやりする。コーヒーやタバコの量が増える。
今ココに留まることが難しくなる。妄想や回想などで思い出し笑いや暗くなったりする
それでもまだ話は聞けてる、例えば仕事は差し支えなく、というより見た目上は元気にこなせることができる。
一人の時くらーい顔をしているようだ。
この状態が仕事をする僕のデフォルト状態。

 

L3:カミキリムシが~の状態
イライラしたりニコニコしたり自分でも情操がとれてないことがわかる。
嫌な過去ばかり思い出す。隣の人が自分を批判してるのでは?と思い始める。
なんでそんな怖い目で俺をみるんだ、俺なんかした?みたいな表情もしてるようだ。
話を聞いてる?とよく言われるようになる。実際頭に入ってるのは三分の一くらいか。
忘れ物、ミスが増える。今自分は疲れている、なんとかしないと、と思う状態
L4:脳みそを食いちぎる~の状態
とにかく身体のパワーが足りなくなる状態。
重いものを持ち上げる時、活動的に動かなくてはいけない時、一瞬フリーズする。
パニックに陥りやすくなる。すみません、ごめんなさい、とよく言うようになる
スミマセン星人の出来上がりである。この状態まで拗らすとL3まで戻るのは難しい
いろんなことが雑になる

 

L5:脳を丸呑み~の状態
身体がコワばる。かたーくなる。
どうだった?どうする?とか簡単な質問でもパニックに陥る。人生の幕を下ろすことや、「家出」を考える。
自分を含めてセカイが消えてなくなって欲しい考える。
すべての受け答えすいません。というようになる。自分のやった仕事に自信が持てなくなる
家の中や外で徘徊をする。声が、自分の出したい音ででなくなる。勿論聞き取ってもらえない。
人の話は一切受け付けなくなる。金使いがおかしくなる。
喋れない、人の話は聞けない、という状態なので相談とかそういうレベルじゃない

 

L6:脳がドロッドロの状態
まったくの無味感動状態、アパシーと僕は呼んでいる。そんな状態になる。
まったく身体が動かない状態、それでもしなければ、と思えば身体が動く。
呆然と立ち尽くすことが多い。15分で歩ききれる慣れた道のりを2時間かけて歩いたことがある。
無理に人と会話すると攻撃的になる。
消えてなくなってしまいたいという思いはいよいよ強くなり、人生を終わらすこと「家出」について具体的に調べ実行する
だがそんな精神状態なので何をやってもうまくいかない。
家にいるけど家に帰りたいみたいな気分になる。「家出」騒ぎを起こす。

 

伝わっただろうか。
僕の場合はL2が普通で疲れるとL3に、その時点で対処できればL2に戻ることができる。
でも夏バテや季節の変わり目などタイミングが悪いとL4に至る。
L3とL4は同時に起こることも少なくない。
L5は仕事をしないことで家にひきこもってゲームや映画を観る生活を一週間続けることで回復することが多い。
L6はもう自分ではどうにもならない。

 

少しは伝わっただろうか?
すくなくみつもってもL2の状態が15年は続いている
継続性があり、軽い鬱、これが気分失調症といえるのではないだろうか

 

これが僕の一番「困っている」ことです。
ここまで具体的に説明できれば僕は良くなりつつあるのかもしれない。
でもね。一日のうちで二回はL4以上にもってかれることが多い
まだまだ働くというイメージがつかない。焦る
さてさて、困ったもんですね
2018/06/28追記
後に僕はこれがPTSDだと気づく。
考察PTSD 僕の場合のフラッシュバック

 

2017年11月16日記す

メンタルヘルス研究へもどる

アーカイブ

-メンタルヘルス研究

Copyright© 気分変調性障害と、共に , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.