メンタルヘルス研究

毎日の薬服用にはピルケースがはかどるよ!

更新日:

僕は精神疾患を患っている。

カウンセリングだけで治すっていう選択もする人もいるだろうけど僕はクスリも使っている。
朝一錠、昼一錠、夕飯後5錠、就寝前の二錠。。
結構多いな、と自分でも思う。
具体的な症状としては朝は順調なのだが、3時以降は抑うつ状態になる日も少なくない。
クスリに助けられているところも実感している。
さてその抑うつ状態になるとどうなるか?となると
不安感(正直これはこの言葉がしっくりこない)
パニックに陥りやすくなる。母から醤油をとってと指示をうけるだけで頭がパニックになる。
ちょっと待って、ごめんなさい、待って、待って。
これがなかなかシンドイ。
ガッツリ薬を飲むのが夕飯後ということもあって3時から6時までの間は自分の中の妖怪が暴れ出す逢魔が時だ。
考察、抑うつ状態をこじらすとこうなる

このパニックは昼でもおきる。
例えばあれ?さっき薬を飲んだっけ?え?飲んだ?飲まなかった?そんな具合である。
薬は紙袋に入れられて渡される。
なのでそのまま使うと途中飲んだっけ?と疑心暗鬼が生まれてしまうのです

でもそんな人は自分だけではないようで僕のフォロワーさんが朝間違えて夕飯の薬を飲んでしまった。
ので、今日は仕事を休むことにした。そんなつぶやきをみました。
ヒューマンエラー、こういったミスは誰しもあることだけど、それは自分を嫌いになってしまう。
そんなクスリでミスを起こさないための工夫を今日は書いて行きます。

さんたろうが使っているピルケースの紹介

僕はこのピルケースを使っています。

縦が日月火水木金土となっていて、横軸が朝、昼、夕、晩となっています。
このピルケースに一週間分の薬を入れてあげる。
するとこういうことになります。

で、この順番で薬を飲んで行く、と。

このピルケースの良いところは
①自分が本当に薬を飲んだのか、一目瞭然で理解できる。
薬を飲み忘れたときも、一目瞭然、結構昼の薬を忘れることもあるのですが、昼、薬を飲めなかったということが一目で理解できます。
③カレンダー形式になっているので薬を飲み忘れた日をしっかり把握できることができます。
薬袋に入れているとそれを確認するのは薬の数を数えるしかありません。それは本当にMPを削る行為だと思うし、面倒です。
それに物の数を数えていると数がかわる!伝わりにくいかもしれないけど数える度に数が変わる、不思議のダンジョンだぁ!パニック!

いつ飲んだか、が一目瞭然!

このピルケースの悪いところ
薬をちぎってケースにいれること。
本当に薬が多い人は時間がかかるかもしれませんが僕の場合はものの10分で終了します
これが地味に面倒です。でも習慣となればそれが心地よい作業となります。

どこでこれ買えるの?

なんと驚くなかれ、近所の100円ショップです。
100円ショップにはアイディア勝負!そんな商品がいっぱいあります。
クリップ、輪ゴム、整髪用のジェルなんかも売ってます。
「掘り出し物」がいっぱいあります。
一度100円ショップを物色してはどうでしょうか?
思わぬ掘り出し物がいっぱいあります。

まとめ

今回のピルケース本当に便利です。
まず薬が見つからない!ということもないし
上記の通り自分が薬を飲んだか一目瞭然!
飲むべき薬を間違えるということを起こしにくくなります。
するとクスリまわりでパニックを起こしにくくなる。
自分の自信にもつながる。

ピルケース、同じモノが手に入りづらいかもしれませんがオススメです

2018/01/25記す
メンタルヘルス研究へもどる

アーカイブ

-メンタルヘルス研究

Copyright© 気分変調性障害と、共に , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.