日記

18/04/06休職して半年たった時のはなし 届いた、

更新日:

抑うつ状態でなんにも手がつかない

二月三月とブログの更新ができなかった。
原因は、まぁ抑うつですよね。
九月から休職してから一月まで、ゆっくりと回復を感じていたがぶり返した。
陰鬱の中で、硬直する重い身体を抱えながら生きていた。
顔も無気力。身体も無気力。自信も人に見せられるモノを書けるとはとても思えない。
記事の構想を準備して、パソコンを機動して、そしてキーボードで文章を打ち込む、これができる自信がなかった。

僕の経験的に抑うつ状態になる時期というものがある。

誕生日周りの11月

夏の暑い日

冬の風の強い日

天気が悪く、湿度の高い日

今回の場合は冬の風の強い日、それと天気が悪い日がとくに酷かった。
クリニックの先生に相談すると

こういう日は調子が悪い、と決めつけないほうがいいよ。それが君にとって「自己暗示」になってしまうからね。
と言葉を頂いた。しかし、卵が先か、ニワトリが先か、そんな論法のような気がする。

二月に控除のお金と、傷病手当の申請書を出しに会社に出社した。
月一会う機会を設ける、その機会を作ってくれた部長の期待に裏切っていけない、そういった時間を作ってくれる部長に感謝しなければいけない。
いけない、いけない、その想いから抑うつの中で会社に向かった。
会話ができる状態ではなかった。完全にMPが足りない感じ。
調子の悪い月はこなくてもいいよ、という提案をもらったのでそう三月はその提案に甘えることにした。

抑うつ状態の僕をみかねて母が部屋の掃除をしてくれた。
そして僕をしかった。
祖母主催の法事があった、出ることができなかった。
抑うつ状態の家族を支えることはそれは大変なことだと思う。悲劇的なことで悲しいことかもしれない。
でも、一番ツライのは誰か、多分、抑うつ状態の本人であると思う。
クリニックの先生が母に話しをしてくれた。ありがたく思う。

ボクジングでみつけた何にも考えない瞬間

龍が如くの桐生一馬にあこがれてボクシングジムに通い始めたのは1月から。
1月はそんなにいけなかった。
2月は少しづつだが調子のいい日は行っていた週2、もっと少ないかな。
3月は積極的にいけた、週4くらいだろうか。

ボクシングの動作は大変というイメージを持つ人がいると思う。
その通り、ボクシングは大変です。
1R3分、1分間のインターバル、また3分をくり返して動き続ける。
シャドーボクシングはその場に留まってパンチを打ち続けるだけでも汗でびっしょりだ。
デフォルトのトレーニングは

縄跳び2R
シャドーボクシング6R
サンド打ち3R
ミット打ち2R

となっている。
体力的に無理をしないように、と云われてるので途中でトレーニングを終えることもできる。
今でもそうだけどミット打ちまで辿りつけないことのほうが多い。
シャドーでしんどくなって帰りたくなることも
でもせっかく来たんだからサンドバックを打っていく。

最初の3週間くらいはシャドーボクシング3Rで体力的にしんどかったが動きに慣れてきたためか、身体の力を抜けるようになったからか、8Rでもこなせるようになった。

でもしんどいのは変わりない。

やればやるほど課題がみつかり、負荷は上がっていくからだ。
シャドーが本当にしんどくて目を閉じて一番慣れたワンツーをしてみた。
ブレスをしながら左手でジャブを打ち、右足で回転をつけながら右手でストレートを打つ。
シュッシュッシュッシュ‥
余計なことを考えるな、余計なことを考えるとこのトレーニングは乗り越えることはできない。
今3分間のどのくらいだろうか?/ボクシングで身体を鍛えたとしてそれが何になる?/会社には復帰するのか?
辞めるとしたらお前はどう生きるんだ?
全部余計なこと。今は心も頭も身体もこの作業に捧げるんだ。

言葉にするならそう境地に入った。

わんつーわんつーわんつーわんつー‥

その瞬間をくり返していくうちにだんだん元気になっていく自分を感じた。

稽古後の春を感じさせる風が心地良かった。

その話をクリニックの先生にしたら
君はいいなぁ↓イライラしてパソコン壊したとかそういうことじゃなくて自分で世界を探して発散してる、誰にでもできることじゃないよぉ↓
と独特の訛りで褒められた。

ツイッターもさわる気にならなかった、スマホには誰それがフォローしましたという通知が届いていた。
やっと抑うつが落ち着いた昨日、ツイッターを開いてみた。

新規でフォローしてくれた人の多くは疾患と闘っている人たちだった。

届いた。届いた。届いた!
稽古を重ねて公演をして、お客さんが来てくれて、笑ったり泣いたりしてくれる、そんな手応えと似ていた。
届いた、届いた、届いた!

本当に感謝します。ありがとうございます。
これからもブログ更新、そして寛解めざしてがんばります。

2018/04/05富士さんたろうが記す
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 気分変調性障害へ
にほんブログ村

アーカイブ

-日記

Copyright© 気分変調性障害と、共に , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.