抑うつコントロール!

普通未満と劣等感を持つ貴方へ、社会人としてやってける未来が見えない貴方へ、そしてここまで生きてきた自分へ

更新日:

ちょっと昔の話をさせておくれ‥

ぼくの精神疾患は、自覚がある限りだと高校の頃から続いています

ちょっと高校のことを思い出します。
僕は中高一貫男子校の出身です。
通常中高一貫男子校ってスーパー進学校のイメージですが静岡唯一の中高一貫男子校の我が母校はそんなこともなかった。
ここに染まりたくない、中3の時にそう思った僕は寮を出て片道1時間半の通学をしました。

ダイエットを頑張って勉強も頑張って環境に流されてたまるか、と抵抗しました。
すると90kgに届きそうだった体重は70kg代まで減り、成績も得意科目はトップクラスになることができた。

でも、手に入ったものは、なんだったんだろう、少なくとも当時の僕には結局何も手に入らなかった、そう感じました。

もしも、共学だったら、さんたろうくん変わったね!と女の子から褒められたかもしれない。
もしも、共学だったら、かわいい彼女ができたかもしれない。

でもこの環境だったら、それはあり得ない。
変えられるのは自分だけだよ、環境を呪っちゃいけないよ‥

そんな言葉があります。自分は成長できた、だけどけして環境は変わることは無かった。

高校2年生の前半、僕は抑うつを初めて経験します。
それはビョーキだ、と自覚することも認められることも無く、僕はジゴクのような日々を過ごしていました。

卒業式の日、校長からこう云われました。

辞めないでくれて、ありがとう、

それは校長の感謝の気持ちだったかもしれない、でも僕は強い怒りを感じた。

辞めてやりゃあよかった‥

この怒りは今でも続いている。
まるで船のイカリのように、重いナマリのように、一生消えない傷として十年経った今でも残っています。

自分は変わった人間である、それは自覚していた。
自分はビョーキだった、これは自覚していなかった。
この学校は自分には向いてない、それは気づけなかった。

もしあの頃、徹底的に辞める、という戦争をしかけることができたら、

自分の人生の舵取りができたなら、もっとマシな人生になったかもしれない。
中高一貫男子校に入学する、と決めたのは僕が小学生の頃、親に流されたキライが大きい。

15の時に、高校受験を通して人生の舵取りをする

これって大切なことのように思います。

その機会を、僕は奪われてしまった。

若い人に、そして若くない人にも、僕のようなアヤマチの多い人生を送ってほしくない

そんな想いでこの記事を書きます。

普通であることの奢り

自分の疾患を自覚してからうつ病を寛解した人の体験談の本を何冊か読みました。
うつヌケ、この地獄を生きるのだ、なんかはその手の本ですね。
この2冊は「普通」の人生を送れなかった人が闘病をする様を描いている。

でも圧倒的に、普通の人でも、立派な人でも、うつになり得るよーっていう体験談を綴った本の方が多いと思います。

彼らは特別なコンプレックスも無く、いじめを受けた学校生活を送ることもなく
フツーに恋愛して、フツーに就職して、うつ病という試練をフツーに乗り越えてフツーに働いている

僕は、この人達とは根本的に違うなって思った。
メンヘラ系ブログ大手のブロガーがこうツイートしていました。

イケメンにはイケメンの苦労がある、フツーが一番だよねぇ

彼はきっと炎上を煽ってブロガーとしてトップに躍り出た。
だもんで鵜呑みすることはない、だけど彼のツイートの端々から本当にコイツは抑うつという地獄を体験したのか?と想うことがしばしば。

このツイートも僕は怒りを覚えました。

アンタには想像できないかもしれないけどさ
いるんだよ、世の中には、普通とは言いがたい劣等感まみれの人生を送ってしまった人が
行動を起こす度に自尊心を傷つけられてきた人
自分はマトモじゃない、普通じゃない、そう自覚して生きてきた人が
ブスだデブだ、だから何してもいい、そんな扱いを受けてきた人が
え?アイツうつ病になったのw?そりゃあなるわ!ガハハハ!と嗤われた人が
送れなかったフツーの恋愛フツーの学生生活フツーの働く経験、それに憧れた人生を送っている人が

自分の人生を普通で、凡人な人生を送ってきた、と自覚する人がいる。
僕には彼らが驕っているように思えてしかたがない。

フツーの体型でフツーの学生生活してフツーに彼女ができてフツーに就職して、フツーに結婚して‥

それを普通だと思い込んでいるとしたらもっと自分以外の人に感謝したほうがいい。
フツーの体型に育ててくれた親に感謝すべきだし
フツーの学校生活に適応できた環境に感謝すべきだし
フツーに働けて、フツーにボーナスもらって、フツーに貯金が出来て、フツーに結婚できた人生に感謝したほうがいい

そのフツー、自分の力で得たものじゃないよ。
少なくとも僕はこのフツーが手に入らず、コンプレックスを感じてきた。

自分が普通である、と言い切れる人は自尊心が高い人、だから自分が平凡だなんてそんな傲慢なことが言えるんだ。

それでも僕がやってきたこと

僕の人生ではうまくいかないことの方が多かった、でもうまくいったことだってある。
そんな時は自分のペースが維持できた時が多いです。
吹奏楽部では自分のペースで毎日朝練にいけた。
浪人生の時は外野の声を聞かずに勉強だけに集中できた。
芝居の時はそれだけに集中できた。
ポスティングは自分のペースで練度を高めることができた。
週4を目標に通っているボクシングジム、一年続いてます
会長からこれだけ熱心にやってくれるなら、もっと違ったこと教えられたかもなぁ‥とこぼされました。
このサイトの更新ももう二年近くやってます。
想定だと月PV1万は行ってウハウハだったんだけどなぁ‥と思いつつここまで続けることができました。(安定して月1000PVくらいです)

一方でうまく行かなかったことは
正社員として働いて開発や工場勤務、ペースを掴むのが大変で、とにかく失敗が多かった。
クソボンボンとして扱いを受けることも影響していたかもしれない。
二度目の正社員、仕事の要領が悪く、先輩のペース、といかテンポというか調というかコードというか
それを見つけることが出来なかった。
家に帰れば母が結婚がどーの貯金がどーの部屋がどーのと無いものねだりしてきた。
で、壊れて今に至ると。

大切なのは自分のルールを作ること

分析すると

潰れたダメなパターン
人と比較される、評価されるのが極端に苦手
(それは褒められても、そして怒られても)
そして自分を含む人を信用するのが苦手、人を信用してない人はやっぱり人から信用されないわけです。

成長できた良かったパターン
自分のペースで仕事や勉強が出来る。
人から評価をされにくい環境である。
自分のルールを決めてそのルールが身体や生活に根付く

このパターンが多い気がします。
特に自分のルールを作る、は大事です。
僕はブログの更新を早朝覚醒した朝書くルールを設けています。
ま、これは親が寝ていて集中できる、って環境が作れるからなんですけども

自分のルールを作る、若い人にむけて、このトレーニングに最適な方法は学校の勉強です。

机にテキストとノートと筆記用具を広げる。
すると気がつくことがあると思います。

机の上では自分が自由であると

勉強の習慣が無く、なにしていいかわかんない!っていう人はとにかくテキストを書き写すことをオススメします。

数学だったら例文を一字一句写す、そして模範解答を書く。
このとき、できる限りキレイに、そして丁寧に書くといいです。
こうするだけで何がワカラナイか解るようになるはず‥

英語に関してもそう。とにかく頭を動かすよりも先に手を動かす。
そうすることで時間は過ぎます、けして効率はいいとはいえないかもしれませんけど何もしないよりも身につきます。

自分だけの集中の時間、鍛錬の時間を楽しみましょう。

後、親御さん、夜食とかいらないです。
若い人には気晴らしなんかよりも、もっとかけがえのないものがある。はず。

社会人として未来を生きることが不安な貴方に

進路を選んだり、就職を4月からする人は、期待なんかよりも不安の方が大きいと思います。

インターネットでは社会怖いぞ勢が幅を効かせています。‥そこまで怖がらせる必要もない、と僕は思うけどね‥

ただ仕事を選ぶ上で気を遣ってほしいことがあります。

①土日、盆暮れの休みがしっかりあること
給料それなりにあること
ボーナスがでること

①休みがしっかりあること
2019年のGWは10連休になるみたいですね。もっとも10連休とれる人なんてマレなような気がしますが
僕の最初の仕事は盆休みも、正月もありませんでした。
だもんで友人から旅行やら同窓会やら誘われても行けませんでした。
それで失った付き合いは多いです。
祝日や休日出勤はあってもいい、でも盆暮れ正月は確保できる仕事につきましょう。

②給料がそれなりであること
新卒の僕の給料は手取り12万円でした。
2年目にはなんと5000円も給料が上がりました。
1人暮らしのやりくりは毎月大変でした。
周りもきっとこんなもんだろう、と思っていました。
遊びに誘う友人に
金も暇もねぇよ、バカヤロウと毒づいたことがあります。
おじさん世代にこれを伝えると、親の会社でボンとして大卒として入った僕はそれなりに貰ってるだろうと想像したのか
それは酷い、働く意義を否定されてるレベルだ‥と絶句されました。

貯金が出来ない、これは惨めです。
生活が出来ない、これはもっと惨めです。
みんな自分の勉強や旅行や趣味や恋愛にお金かけてるんだな、と想像するのは惨めです。
この惨め、から回避するために、手取り15万くらい貰える仕事につきたいものですね。
マジで

ボーナスがでること
正社員は手取り少ないです。
大卒で塾講師や居酒屋でバリバリ働いてた人なんかは大学生の頃の方が給料良かったワイと思うかと。
で、夏はともかく、年末、ボーナスがでます。
給料+ボーナスで40万近く貰えるかも‥
ここで初めてこの会社に勤めてよかった、と思えるようになります。

①②③を満たしていれば多少残業が多くとも、人間関係がギスギスしていても、社内に友人がいなくてもなんとかなります。
あーでも繁忙期でもないのに12時間拘束続くとシンドイかな?
ま、その分残業代つけばそれも自信に繋がります。
4月に不安で入社していても、新年を迎える頃にはまとまった貯金と満ち足りた自信を手に入れることができるのではないでしょうか?

他人と比較する必要はない、自分の財産と、仕事に自信を持って

まとめます

まとめ

自分が普通でない、マトモでない、と自覚する人、他人と自分を比較することをやめてほしい
自分が普通である、という誇りを持ってる人、その平凡な人生に感謝しろ
自分が普通でない、という人は学校の勉強を頑張って見て欲しい、とにかく手を動かして
自分が普通でない、という人は新しいことを初めてやり続けて欲しい、とにかく身体を動かして
社会人として働くことに希望を見いだせない人、意外と世間は優しいし、自信を作ってくれるシステムがあるよ

若い人も、そうでない人も、一日一日の、そして人生と云う名の航海の舵取りを!

自分に不安を感じてる人にエールを。そして自分自身にもエールを送ります!

がんばれ!

最後に平成も終わるつーことでコテコテの平成ソングを送ります。
小室哲哉、本当に才能のある人なんだぜ。

WOW WAR TONIGHT 〜時には起こせよムーヴメント

流れる景色を必ず毎晩みている
家に帰ったらひたすら眠るだけだから
ほんのひとときでも 自分がどれだけやったか
窓に映っている 素顔を 褒めろ!

いつのまにやら仲間はきっと増えてる
明日がそっぽをむいても走りまくれよ
そうしてたまには 肩を並べて飲もうよ
GETTing bette Begin to MAke it BETTER!(もっとよくなる、もっとよくしよう!)

2019/03/31富士さんたろうが記す

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 生きづらさへ
にほんブログ村


メンタルヘルスランキング

アーカイブ

-抑うつコントロール!

Copyright© 気分変調性障害と、共に , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.