カウンセリング備忘録 メンタルヘルス研究

カウンセリング備忘録⑨イメージするのはアカルイミライ

更新日:

先週の金曜日は九月最後のカウンセリングでした。

前回もそうだったけども、九月はダウナーな日が続きました。
でもカウンセリングには前回いけた。カウンセリング備忘録⑧それは慰謝料だ!

今の状態を、なんとか出来たらば、と思い、スガる想いでカウンセリングに出かけました。

かなり状態が悪く、最悪の選択をしかねない状態だ、こういう時はどうしたらいいんでしょうか?と伝えると。
カウンセラーの先生はいたく心配してくれた。

一端全部オフしたほうがいい、逃げることは悪いことじゃないんだ。

僕が追い詰められた人に言いたいことはこれ、

ここに居れば安全だよ、という環境を用意して何もしないで横になっていてほしい。
気晴らしも、前に進むためのトレーニングも放って3日間ボケーっとしておいてほしい。
TVもスマホもいじらず3日間ボケーっとしてれば活力は湧いてくるから。

大丈夫、僕が見てきた人はみーんななんとかなってるから!

なんとかなっている、それは彼のクライアントが最悪の決断をした人がいない、という意味と捉えた。

うん、この人の云うことを真に受けても大丈夫だなと思った。

でも、そういった時も過去の後悔や未来の不安が襲ってくるんです。

うん、休む時はね、

元気になったら

こういうことをしたい、こんな生活を実現したい、とイメージして、とにかく

ワクワクして、自分の未来に期待してとアドバイスを貰った。

そして最後に
今いから云うことを復唱して

僕はお母さんのふるまいに

云われるままに復唱する、僕はお母さんのふるまいに

傷つかない!

傷つかないン!

‥よろしい、繋げて云って

僕はお母さんのふるまいに、傷つかないン!

役者の端くれをやっていた僕にこの行動の意図は分かる。
誰かの言葉を、自分の言葉として落とし込む。
お芝居は嘘をつくという行動ではない、台本の言葉を自分の言葉にする、信じることから芝居作りは始まる。
そうしないとセリフを暗記することもままならないんですよね。

その日からジムを休んだ。
スマホはいじったし、考えてもしょうがないことを考えたけども、3日間ホウけていた。
そしたら少しずつだけどもチカラが湧いてきた。

それでも、それでも、自分のステキなミライを想像することは難しい。
11月で僕は34才になる。まだ、人生の半分だ。もう人生の半分だ
四半世紀、ぼくはおそらく病気とつきあってきた。
近い将来アカルイミライをイメージ出来る日は来るのだろうか。
将来アカルイイマを迎えることができるのだろうか。

2018/10/02富士さんたろうが記す。

アーカイブ

-カウンセリング備忘録, メンタルヘルス研究

Copyright© 気分変調性障害と、共に , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.