カウンセリング備忘録

カウンセリング備忘録⑯心療内科の役割

更新日:

久しぶりのカウンセリング備忘録です。

というのも2月に入ってから僕の状態が安定せず、どうもカウンセリングがうまくいきませんでした。
1回あたりのカウンセリングは7800円(税込)けして安い額ではない。

カウンセリングを受ければたちどころに疾患がよくなる。

これはあり得ません。
一日一日を少しずつ良いものにしていく
その程度のテンポで、少しづつ学びを増やしていく、
そのテンポは人それぞれ、ま、のんびりやるさね。

‥カウンセリング備忘録を書き始めたのは6月、もう半年だ‥

というわけで3月最初のカウンセリングでした

お疲れさま、どんな2週間だった?2月はかなり参っていたようだけども
2月の三寒四温にかなり振り回されました
それでもボクシングジムには行けました。そして会長の一言でなんとかマトモを取り戻した感じです。
(ifに畏怖、この病気は、ナニカの修行なのだろうか)
シャドーのブレスが一番好きなBGMかぁ、やっぱそういう人がジムやるんだね
結局人間っていうのは1人で生きられなくてさ、誰かのため、これって重要。
誰かのために動くことによって自分を作ることができる。
‥誰かのため、僕は果たして1人仕事以外に仕事が出来るんだろうか?と相談したかったが先生、話を変える

家族との、お母さんとの関係はどう?
ボクシングジムって結構異質な空間で、基本的に会話しないんですよ。
したい時にしたい人がする、一切話さない、そんな選択肢もありって感じで
それがいい意味で気楽
家族と食事は一緒にしてます。話はします。
でも自分から話をしてないことに気づきます。

それは家族も察してるのかな?
察してないと思います。
これは何度も云ってることだけど君に必要なのは自立をすること
でも今の君には自力で生活をする気力はない
だから親の提供するものは利用して、そしてあくまで他人として接することをオススメしたい。
そして精神的自立、これは確固とした自我をもって他人に影響を受けないことを云っている。
親であろうが、上司であろうが、女であろうが、それは他人だ。

ジム以外の活動はどう?
オーケン悩んだ時は100冊本を読めって昔は云ってたもんだけどねぇ‥
って言葉を思い出して本を図書館で借りてきました。
ほう、どんな本?
隕石仏像の謎、縄文文化とケルト文化、サバイバルボディー
サバイバルボディー?どんな本?
北極圏で半裸で登山、というレクチャーに感銘を受けた30代のジャーナリストの本です。
ワォ!そりゃあぶっ飛んだ本だわ、君のセンスは面白いな
‥いや偶然図書館で出会っただけですよ
それは君の選んだセンス、もっと自信持って!
後ヒロシのこの動画に憧れて1人用のカマドと卓を買いました。
4000円かからなかった、いい時代ですねぇ。
ヒロシいいよね!あの動画、良い意味で仕事感ないかんじでw
そうそうw
で、第一の目標として火を炊いてコーヒーを飲む、第二にラーメンを作る。
そして最終目標として山に行って自炊をする‥!
いいねぇ!
アウトドアガチ勢の先生とキャンプ話で盛り上がる。
可能性と夢が拡がる拡がるフロンティア!

「心療内科」の役割

心療内科の診察に違和感?があったので相談してみた。
最初のクリニックが休院、ということで転院、その転院先はカウンセラーの先生に薦めてもらった。途方に暮れていた僕にはありがたかった。

クスリの処方について僕に委ねられたこと
そして次の診察のタイミングも委ねられたことを話した
(これが心療内科、かぁ‥始めますレコーディングダイエット)
薦めた理由としてね、そこではリワークが充実していて、そういう意味で選択肢が増えればって思って薦めたんだけど
‥そんな感じなんだぁ‥

ま、栄養指導は前通ってたクリニックには無かったからそういう意味では選択肢が増えた、かな

心療内科の役割、としてね
一番は処方をすること
二番は療養中を証明することの書類を書いてもらうこと
そこは大丈夫?
大丈夫です。
結局、治すのは、自分である、その意思がなければ心療内科は活用できないってことだ。

前の医師の言葉を思い出した。
‥ここでの医療を期待しないで欲しい
‥クスリを貰える場所、と割り切って病院に通う、そんな心持ちでいて欲しい

カウンセラーの先生は前の先生を褒めた。
あそこの医師は、結果をだした、とはまだ言えない。
でも彼の凄いところは患者の感情や状態に寄り添って治療ができたこと。
彼のような人間は類いマレなる名医だよ。と

医師の云ったことを思い出した。
そろそろ新しいことに挑戦してみるべきだと思う。
ジムは何時に行っても行っても行かなくてもいいわけでしょ?
週3とかでいいから働いてみることをすすめたい。

定期的な義務、仕事を果たす、これは確かに今の僕に効果的かもしれない。

現状、今の自分は働けるんですかね?とカウンセラーに切出す。
‥ボクシングできるだけの身体のウツワはできている、でもウツワの中身がまだまだカオスだから、やって就労三時間くらいかな‥
ウツワの中身っていうのはココロのOSの問題で、まだまだ自分を責める癖が君にはある。
‥1度人生を仕切り直すって意味で休養をすすめたい。
焦らないで君なら絶対大丈夫だから!

その現実に多少のショックを受けつつ、カウンセリングは終わった。
帰りにカウンセラーからすすめられたキャンプ用品屋にいきました。

鍋購入!テントへの道は遠いですよ涙!

2019/03/13富士さんたろうが記す
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

-カウンセリング備忘録

Copyright© 気分変調性障害と、共に , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.