日記

18/10/12さんたろうの解決☆事件簿「隣人犬サクラ家出事件」

更新日:

犬スキー、というライフスタイルマン

僕のご近所さんは犬を飼ってる人が多いです。
犬飼いレベルはまちまち‥
でも基本的に犬好きな人が犬を飼ってます。

犬が好きな人は犬の散歩をしている時は幸せです。
正直僕は犬の散歩は億劫ですが、
コロがサンポツレテテーー!のおねだりを嬉しく思うし、散歩中にタノシイネー!とこっちの様子を伺ってくると幸せに思います。

犬好きな人は犬が喜んでくれると嬉しいもんです。

隣人犬サクラの抱えるPTSD

以前登場(犬飼い歴20年の僕が語る「犬の一生」のはなし)した近所のおばさん(70はとうに越えてるからおばあちゃんだな)も犬を現役で飼っています。
名前はサクラ。
この犬は野良状態になっていたのをおばさんが引き取ってあげたそうです。

お爺さんが散歩をしてて、おばちゃんは犬の名前は知っていた。
でもある時期から散歩を見かけなくなったそうな。

飼い主のお爺さん、年も年だしなんかあったか‥
んでも犬の名前は知っててもお爺さんの名前は知らないのでどうにもならない‥

(犬の名前は知ってても飼い主の名前は知らない、犬スキーコミニティあるある)

したらば首輪をハズされて野良になっているサクラを見かけたらしい。
おばちゃんはそれを保護、年のいってる人は保護できない、そうなので娘さんの名義で保護しました。

おばちゃん曰く、長く見積もって半年は野良状態だったそうだ。

やっぱり犬のホムレスも過酷で
雨風はしのげないし、餌も確保できないし、眠るのも警戒しつづけないといけないし、人間のホムレス以上に人間から苛められる。

サクラは基本優しく育てられている優しい犬ですが、
大きな音に敏感で、ホウキなどのナガモノをみるとパニックに陥ります。

犬にもPTSDってのはあるようです。
大きな音は眠る時に警戒していた経験ナガモノは棒で叩かれた経験から来るトラウマ、なのかもしれない。
人間のトラウマと、どっちが克服しえるだろうか?考察PTSD僕の場合のフラッシュバック
後、身体は弱ってて、それはやはり野良生活の後遺症のようです。

隣人犬サクラ家出事件

夕方、僕が来ましたぁ!抑うつタイムぅ!していると母が下で騒いでました。
タイヘェン!サクラが脱走したってぇ!車にビックリして車に弾かれてパニックになって首輪抜けて土手に向かって走っちゃったテェ!

‥それは大変だ、でも身体が思うように動かない。
懐中電灯を持って10分ほどうろついて自分自身もヤバイ状態(抑うつ的な意味で)なのに気づいて家に帰りました。

大丈夫、サクラは家に帰ってくるだろうし、人を襲うような犬じゃないし、‥車に弾かれるような犬じゃない‥ハズ‥

一晩経てば解決してるさ、そう思いました。

ただ、首輪してないから‥一晩すぎちゃうと‥

ところが朝を迎えてもサクラは家に帰ってきませんでした。
‥これは流石に心配‥。
飼い主のおばちゃんは2時までサクラを探したそうです‥。

8時頃に黒い犬を散歩している顔見知りのおばちゃんがいました。
黒い犬は僕をみるとアソンデとテレパシーを送ってきたので撫でてあげる。
彼女はマリーちゃん、という名前だ。
おばちゃんにサクラが昨日から行方不明ということを話した。

‥それは大変。優しい犬だから大丈夫だと思うけど‥事故とか心配ね‥

‥そうですね、散歩中見かけたら、声かけてください。

‥うん、解った。いつもの散歩ルートで見かけたら相談するね‥。

犬好きな人は犬が好きだ。それは自分の犬だけではない。

自分の部屋で抑うつ40パーセントくらいですね今日は、そんな状態でボンヤリしていると、下から母の嬌声が聞こえた。

ヨカッター!ヨカッタぁんんん!

お、サクラ見つかったか?母が僕を呼んでいた。

下に行くとマリーの飼い主がサクラを目撃したらしい。でもちょっと警戒の色があったからとりあえず伝えにきたとのこと。

リードと餌をだしてぇ!行ってくる!興奮状態の母いや俺が行くからとりあえずサクラの飼い主に連絡して
サクラの親友のコロを率いて母とマリー一味と現場に向かう。
サクラ興奮するから大きい声ださないで、と母にお願いするとマリー母うむってする。
それでも母はサクラー!サクラァー!と声を出す。いやだから黙ってろと。

サクラは収穫の終わった畑の中に座っていた。
無断で入るのもマズイけど無断でコロと入る。

ヤァサクラネエサン、ゴキゲンウルワシュウー?
オヤ、コロサン‥

とコロとサクラがやりとり。大丈夫、サクラは僕にも警戒していない。

首にリードを巻く。サクラ確保‥。‥よーし‥

といったところで畑の人が話かけていた。朝からここにずっといて9時をまわったら役所に電話しようとしていたとのこと。
危なかった‥

サクラのおばちゃんが走ってやってきた。これで解決だぁ‥。ほっとした。

サクラは脚を怪我していましたが、かすり傷程度、一応病院にも行ったけど骨も肉も痛めてなかったみたいです。

その日、サクラはいっぱい食べていっぱい寝たってさ。

よかった、よかった、これにて「隣人犬サクラ家出事件」一件落着

2018/10/13富士さんたろうが記す。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アーカイブ

-日記

Copyright© 気分変調性障害と、共に , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.