日記

2018/01/16 なんとなく、やらないという選択

投稿日:

昨日はコロの散歩にはいったけど1kmランニングは中止にしました。

ができなくなる日があると途端に部屋は汚くなる。

理由は、なんとくなく。
このなんとなく、中止にする、っていうのが今の自分には大事だとおもう。
月一の会社での面談でも云った。
ネットで調べた、ランニングは一月目は走ることに身体を慣らすために1kmランニングもしくは10分間走を毎日するといい。
そしてノルディックウォーキングは三日行って一日休んでいる。
それを訊いた上司は、んー、そういうとこが君の悪いとこかもしれんぞ。と

完璧主義、という言葉がある。

僕は完璧主義らしい。
この言葉を受け入れるには抵抗がある。
だって完璧主義という人は自信が満ちているイメージがある。
僕は何事に対しても完璧にこなせた、という自信がない。
なのでその言葉を受け入れることができないのである。
本で読んだ、0か100の人がいると。

部屋の掃除、管理が完璧でもそれそれを受け入れてしまう自分もいる。
まるでこだわりにこだわって作った砂のお城が崩れてしまうように

我が家のAmazon三浦書店から虎の巻が届く。
おお、頼んだのは日曜日、早い!
経営は40手前の二代目がやっている。
彼は原付にのって病院やら自宅に一軒一軒本を配送している。
意外と、図書館は自分の欲しい本がない、書店みたくアンチョコの本が多い。
なのでAmazonやら楽天やらに頼むことになる。
東京のジュンク堂クラスだとまた別だけどね。
彼は明らかに斜陽メディアの本という分野の中で 自分の足を使って自分のレーダーをつかって自分のコネを作って

自分のビジョンを作って仕事をしている。
尊敬する。

2018/01/17記す

アーカイブ

-日記

Copyright© 気分変調性障害と、共に , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.