人生

2017年10月の思い出、がんばれ以上に云ってはいけない言葉

投稿日:

休職一ヶ月目の、10月の話をします。

この時期の記憶はあまりない。
ただただ抑うつ状態が酷かったのは覚えている。
心療内科には母がついていった。母は心療内科にいく度に怒っていた。
そんな毎日辛気くさい顔されてるならいいよ行きたいとこに行って、と帰りの車の中でそんな話をされた。
抑うつが酷く食欲もあまり湧かなかったが太りだした。そりゃそうだ、仕事もなーんにもしてないんだから。

母と一緒の昼食が一番つらかった。
自分の衝動性を必死に押さえ込もうとすると怒りが湧いてくるのである。
で、母はそれをみて黙って涙を浮かべる。

一番不幸なのは誰だろうか?誰の為の涙なんだそれは‥。

それを思うと怒りがふつふつと湧くのを感じた。

調子の悪くない日もあった。そういう日は本が読めたりテレビをみたりができた。
そんな日であっても憂鬱はやってくる。母はそんな自分を見て「なんで」と声をかけた。
彼女だけでなく、いろんな人が僕に会っては「なんで」をかけてくる。
自分はパワハラをうけたわけでもない。会社だって順調に通っていた。
なんで?とききたいのはこっちである。
なんで?逐一自分にあったことを説明した。ものすごく消耗した。

なんで?なんで?
なんでそんなこと聞けるんだ。

うつ病の人には頑張れ!は禁物、とよく聞く。
僕はそんなことないと思う。がんばれ!は時として冬の陽だまりのエネルギーのようなチカラをくれる。
でもダメな例として

がんばれよ。お前くらいの時の俺はもっと頑張ってたぞ。今の俺に少しでも近づけるように頑張れよ。
俺の方が頑張ってるよ、ていうかアリンコのほうがお前よりは頑張ってるよ!

これはダメでしょう。なんというか、傲慢すぎる。。

 

でもいるよね、こういう人って。

がんばれ、は時としてエネルギーを力をくれる。この言葉が嫌いではない
で、ぼくの思ううつ病の人にかけていけない言葉が

なんで?

であると思う。
もともとこの言葉が好きではない。
質問の意図がそもそもわからない怒っているのかそうでないのか、
どちらにせよ、この質問をする人はネガティブな感情を持っているように感じる。
僕は、ほう、その心は?とかその意図は?とか聞く。そっちの方が分かりやすい。
人にモノ訊くっていうのは訊く方にも態度があると思う。

抑うつ状態になんで?は本当に意味がわからない。
今でこそそういう病気だからさ、と開き直った返答ができるが、
まだ自分でも病気を受け入れない時期なんで?と聞かれてあるわけのない理由を探す。

多分、理由なんてない、誰も悪いわけでもない。

一番悩まされているのは本人であることを周囲は理解して欲しい。

母のなんで?づくしでふとフリーター時代に思ってたことを思い出した。
実家に帰ったら半年で潰れるだろうなぁ。
その通りになった。
なんにしても十月は大変だった。

2018/01/16記す

アーカイブ

-人生

Copyright© 気分変調性障害と、共に , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.