日記

190212デブの才能x最後じゃない診察=人生の舵取りをこれからも

投稿日:

また、暗闇の中で

金曜日から月曜日の朝まで抑うつでした。
まぁ久しぶりの酷いヤツ、一日中昼夜問わず寝てました。

雇用保険がしっかり貰えてない人が多くいるってニュースがあったり
僕の退職理由とその処遇がアレだったりで、離職票を作るにあたってハロワと会社でちょっとしたバトルがあった模様で離職票貰うのが遅れました
傷病手当xブログ村x雇用保険x低気圧=ワタシ!負けません!
そんなこんなでようやっとやっと雇用保険猶予延長手続き雇用保険が貰えることが確定したり

病院が休院するってことで転院先を探したり
つながり、を感じた日

これはまだ手つけてませんが年末調整をしなきゃいけなかったり

考えてみれば一難去ってまた一難ぶっちゃけありえない!な2週間でした。
タフな2週間でしたぜェ‥

アタマの中の松岡修造がガンバレガンバレガンバレと連呼していました。
気持ちのもんだいっ!!

こういう時は抑うつとは逆ベクトルのヤバイ状態興奮状態と認識してます。
興奮状態のあとは決まって代償だよ、といわんばかりに抑うつが来ます。
躁ってほどじゃないと思う、これは興奮。
アタマの中で勝手に「忙しい」を作り上げてしまう。

なかなかままならない日々でございます。本当に

デブ!それも才能なのか

父のヒイキにしてる、正確には僕の母の兄、僕の叔父さんがヒイキにしている整骨院に行って来ました。
父が仕事で予約を流してしまってその代打ってことで
電気による治療やフシギなコタツで身体暖めたり、そして整骨の施術が30分の2時間コース
膝と腰に近い背中に違和感があったので調度よかった。
30半ばの僕と年もそう変わらない先生。

僕の身体をみるなり先生
おぉ!なんかやってます?鍛えてますよね?
ボクシングを‥週4で
週4!週2くらいで!しかしボクシングなんてよくヤリマスネェ

身体を診て貰うと僕の骨盤は後ろにズレているらしい
そしてこれは悪いことじゃないけど非凡なレベルで上半身が反っているそうな
だからいろんな重心で体重のせたパンチを打てるんじゃないか?

ミット打ちでは色んな重心でパンチを打たせてもらっている。
多分あり得ないほど重心の低い姿勢でのパンチ、低い姿勢からのブローやアッパーは当然のこと
ストレートも低い重心のほうが威力が高い、んでもって普通の重心でも打てる。
立ち回りを考えると普通の重心の方が運用性が高い。

ボクシングって身体のクセを利用して独自のスタイルを作る。
僕の場合もしかり、うーん面白い

体重のことについても相談してみた。
105→115→そして何故かボクシング初めて125kgで、これってアメフト選手並じゃねーかって話ですよ
うん、アメフト選手並ですねぇ!ぶっちゃけ100kg越えでスポーツ、それもボクシングの稽古ができるって才能ですよ。
本気でボクシング取り組んでみたら?
うーんやっぱ前提として怪我したくない、っていうのはあって、それ以上に相手に怪我して欲しくないんです。だから、どうかなぁ
それなかったらサイコパスですねぇw
ボクシングはいいぞぉ!人を殴って金が貰えて褒められるんだから!肉の味をクレェ!なんて人はマレみたいですねぇ
はじめの一歩だとそういう人よくいるねw
多分世の中にはいるんでしょうけどもw

デブは「才能」かぁ‥
その話を若いトレーナーにしたところ
やっぱボクシング続けられる人って本当に少ない、痩せる人はいる、でも膝やら腰やらにどっかしら怪我とはいわないけども無理が出てくる
痩せずに特に怪我もせずに稽古続けられてるさんたろうさんはやっぱどっかオカシイマレな人だ、と

100kg越えで、ボクシングやってて、うつ病で、そんな人って1000人に1人いないのでは‥というか日本で俺1人なんじゃ‥感

ダイエットに関しては次の展開、二日前から昼食を抜いています。
集中力も高ぶって、疲れを素直に感じられていい感じです。
夕飯も抜いてみては?とトレーナーに真顔で云われる。

プロボクサーは計量前の2週間は朝飯だけみたいです。
ボクサーは減量しなきゃだからそこは大変ね、と素人考えに思います。
けど思った以上に減量は過酷です。
体重オーバーはプロとして一番やっちゃいけないことだろうし

まぁ楽しみますよボクシング

最後じゃないけど、休院前の最後の診察

同日月曜日は診察でした。
意外と、というか期待通りドライでカラっとした診察でした。

「忙しく」なってしまった2週間とそのバックとしてきた抑うつのことを話す。

‥それはこっちも申し訳ないことをしたね、転院先の初診はいつ?
18日です
随分早いね、迅速な対応、本当にありがとう。
‥ここでは週に1度の診察、だけどもどう見積もっても2週間に一遍、もしかしたら月に1度の診察になるかもしれない。
ここで受けられた医療を、期待しないほうがいい、と考えてもらいたい。
でも君に関してはあんまり心配していない、
これからも一日一日の舵をとって、診察の時はそれを振り返ってみて欲しい

そうすれば絶対に、良くなるから

そんな言葉を貰った。
再開を希望します。お大事にと云ったらば
いやいや、ありがとね。

処方箋を持って隣の調剤薬局に、自立支援医療制度の関係もあって薬局の利用は続けたいと告げると
ありがとうございます。でも、そんな長い休院でもないみたいですよ

とのこと

僕がはじめて来た時、重傷だった。でも今は回復を実感できている

クリニックは立ち上げて2年だ。
先生の体調問題は立ち上げるべぇ!やったるべぇ!理想の医療を!客集めるべぇ!
そんな気張り過ぎも原因の一つにあるような気がする。

間違いなく先生は名医だ。
富士市で小中学生の発達障害やら精神疾患やらはココを紹介されるらしい。
小中学生で無くても若い人には本当にオススメの病院だ。
デイケアを利用している時、彼らの危うい状態を見た。
そして立ち直るのもみた。

先生をより強く僕よりも必要とする人は多いだろう。
これまでも、そしてこれからも

これは僕が気を使うトコじゃないかもしれないけど病院復帰後、利用を遠慮しようかな、と
ま、そういうとこ気を使うトコじゃないかもしれないけどね

18日初診、どんなことになるやらなるやら

2019/02/15富士さんたろうが記す。

アーカイブ

-日記

Copyright© 気分変調性障害と、共に , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.