日記

190127楽しいのエネルギーは怒りを穿つ

投稿日:

その怒りは余計なもんだとしりつつも

最近某大手メンタルヘルス系ブロガーさんに怒りを覚えるさんたろうです。

多分彼が一番大手の人で本も出してる人なんですけども、
どうも昔から違和感を覚える発信が多いです。

‥本当に貴方は抑うつを経験したのかい?‥
もはや克服して、抑うつの経験を忘れているのでないかい?
イケハヤさんの悪いトコばっかりトレースしてないかい?
炎上させてPV稼いでるのでないかい?

メンタル抱える人はそれこそ人それぞれです。
それぞれの体験があって、症状もそれぞれ違います。

それをひとつのカタにはめようとするのは違うかと

そしてうつ ブログで彼のブログがかなり上位にあたっちゃうのはどうかと

一年くらい前からずっと思ってます。

で、彼がこうTwitterで発言してました。

誰も言わないからいっちゃうよ、逃げてもいいよ

みんな云ってるゥー!PVマフィアが2日前に言ってたワァー!

みんな云ってるよ、とクソリプライを飛ばしそうになってぐっと抑える。
34才になってそれは幼いぞ!さんたろう!

週末はうまく一日が回らない日が多くて、土曜もそんな一日でした。

このままだとナントカさんにフラストレーション溜まったままで終わってしまう

ので午後から、ちょっと抑うつが不安だったけどもボクシングジムに行って来ました。

新米トレーナーと初ミット

ジムに着くと新米トレーナーと若いトレーナーが何の資料かわからないけど折り込み作業をしてました。
この新米トレーナー、何度か僕の日記にも登場しているジムの先輩です。
(18/07/31病気と向き合ったからこそ、手に入れたモノ/)
↑この記事の俺もがんばろって思います先輩ですね↑

自分を含めマイペース野郎が多いボクシングジムですが彼は貴重なツッコミ役
彼がトレーナー側にいることでジムが活気づくと思う、ボクシングの知識も深い

この新米トレーナーはプロを目指してました。
ボクシング半年もやってると誰しも思います、勝てるかどうかは別にして
リングに立って試合してみたい!

どっこい彼はプロボクサー健康診断で障害が見つかり、プロテストを受けられませんでした。
詳しくは書かないけども、殴られると意識が飛びやすい体質だと。
そして身に覚えが一切ないと、普通の生活する分には健康だと

それは凹む。
そして凹んでいたところ会長からトレーナーにならない?と声をかけられたそうです。

そんなこんなでトレーナーとしての彼と会うのは初めて
僕の目的がダイエットと知ってる彼はこう話しかけてきました
さんたろうさん、正月で太ったりしてません?
いやぁ‥三ヶ月ぶりに体重計乗ったら10kg増えてて
え?夏から10kgォ‥となると今‥
125kgです‥
125kg!アメフト選手なみじゃないっすかぁ!

アメフト選手!すごく解りやすい!
完全にあの人たち人間越えた肉体してるじゃん!俺!それだ!
改めてヒャーってなる。
クマですよ、ゴリラじゃないの?、クマですよ 
ゴリラじゃないの もうゴリラでいいです(短歌)

身体は出来てるんですけどね(シャドーシュババババ)
おお‥!前観たときよりだいぶ出来上がってるぅぅ!

‥何故なんだい‥

2人の間に流れる重い沈黙‥

その日のメニューをこなす俺、今日ミットやります?と新米トレーナーに云われて是非!お願いします!
なんとなく緊張が走る。

受ける側はもっといろんなことを考えるんだろうけど、ミットは人によって癖がでる。
身長が違えば距離感が違うミットを当てる位置も違う。
音だけ鳴らしてダメージを受け流す人もいれば、しっかり受け止める人もいる。
その両方を使いこなす人もいる。

そんな変化に慣れるために1ラウンド使っちゃう
午後から出勤の新米トレーナー、今日一発目のミットなのか緊張を感じる。
その緊張はこっちにも伝染してパンチがこわばる、こわばるとパンチが重くなり無駄に早くなる(威力が上がるとはいってない)

そんな堅いパンチに手応えを感じてか、おお!いい~!いいっすねぇ!ニコニコ

2ラウンド目、大体距離感は掴めたと感じたワイ

チカラ抜いてーチカラ抜いてーとオマジナイを自分にかける
トレーナーもこっちの加減(この人特に手を抜く必要もなさそうだ)もわかったみたいで1234をベースとしたラッシュをしかける。

いいっすねぇ!いいっすねぇ!(ニコニコ)
123、1234、12!からの123!これついてくるかぁー!いいっすよぉ!!!(悦楽アヘ顔)

アヘ顔が僕の笑いツボを刺激してしまい5秒くらい笑いながらミットというジゴクのような2ラウンド目でした。
笑ってしまった以外は完璧なミットでした!

本当に好きなんだな、ボクシング

続けてよかった。これからもよろしくおねがいいたします

2019/01/27富士さんたろうが記す

アーカイブ

-日記

Copyright© 気分変調性障害と、共に , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.